Another Days

tomorrow's another day、some say …

グリスマン,ラジエータ

【デイヴィッドさん大集合】15/30 デイヴィッド・グリスマン(David Grisman)
デイヴィッド・グリスマンは、マンドリン奏者でデッドのジェリー・ガルシアが趣味でやったブルーグラス・ユニットのオールド・イン・ザ・ウェイに参加してロック・ファンにも少し名前は知られるようになりました。70's半ばにはジャズとブルーグラスが融合したような音楽になりA&M傘下のHorizonから「Hot Dawg」('79)というアルバムを出しています(Dawg(ドウグ)というのはガルシアが命名したグリスマンのあだ名だそう)。僕は「クロスオーバー・イレブン」でかかって知った”Devlin”は、ブルーグラスシーンの名gtr、トニー・ライスの作品で、ここではライス(g)、ダロール・アンガー(violin)そしてグリスマン(mand)との共演になります。実に心地いい音楽。45年米ニュー・ジャージー出身。
 
 

【名曲リレー1874】wish#3

■I Wish You Well / Radiator('77)

レイディエイター(わかりやすく言うとラジエーターです)は、再結成リンディスファーンの合間を縫ってアラン・ハルとレイ・レイドロウが地元ニューカッスル周辺の北イングランドのミュージシャンと組んだユニット。元々この地は、地元のミュージシャンの交流が60'sから活発で、グリフィン、ハッピー・マガジン、スキップ・ビファティ、アークなどメンツやバンド名を変え活動。一番の出世はイエスへ行ったアラン・ホワイトですが、その初ソロには昔からのメンツが集合してました。コリン・ギブソン(b~元マーク&アーモンド)とテリー・ポップル(ds)のスナフー組、元ベル+アークのケン・クラドック(kb、g)、元リフ・ラフのピート・カークリー(b)にハルとレイドロウ6人組でRocketから77年に「Isn’t It Strange」というLPを出してます。ただ79年のハルのソロ「Phantoms」にも何曲かそのまま再録されるなどもしてます。”I Wish You Well”はこれぞアラン・ハルと言ったメロディアスなナンバーで途中入るハーモニカを含めもう完結しております。

https://www.youtube.com/watch?v=N3dAGQqn47A